★★ 英文ビジネスメール作成マニュアル(サンプル例文集) ★★


<< 行き当たりばったりではダメでした | main | Final destination は どこ? >>

スポンサーサイト

  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

徒歩観光は疲れます

トルコのイスタンブールには 2回行きました。

一度目は、ヨーロッパ各国の代理店を回った後で、トルコの代理店と打ち合わせのために行ったわけですが、この時も 出張の準備で忙しく、事前にイスタンブールの研究が出来ませんでした。

ヨーロッパでの打ち合わせは 結構厳しく かなり疲れての最後の訪問先としてトルコ入りです。
トルコのお客様は非常に親日的で、また私のいた会社を非常に気に入って下さっていて、久しぶりの日本からの客が来たというので大歓待です。

もちろん仕事もスムーズに進み、豪華な海の幸のディナーに誘っていただきました。 で、「明日は 秘書に案内させるのでイスタンブールの観光をしてから帰国しなさい」と言うわけです。

当然、車でまわるのだと思い、また出発便も午後の比較的早い時間でしたので、ホテルをチェックアウトしてロビーで待っていると 昨日 事務所にいた小柄な秘書が迎えに来てくれました。

「それでは行きましょうか」と言うのでついていくのですが、車に乗るふうではなく、ドンドン歩いていきます。

私はと言うと、チェックアウトしていますので、荷物を抱えての徒歩観光です。 トプカピ宮殿とか、昔の地下の水道設備などは 非常に素晴らしいものでしたが、荷物を抱えたままの徒歩観光は 本当に疲れました。

空港に向かう時は、訪問先で車をアレンジしていただいたのですが、今度は 訪問先の社長のお兄さんが 縫製業を営んでいるので 途中で寄って行きなさいと言うことです。

イスタンブール市内を荷物を抱えて徒歩観光が出来るぐらいの小さな旅行鞄での出張でしたので、更に荷物を入れる余裕はほとんどありません。

が、社長のお兄さんの会社に寄ると言うのは、日本で待っている私の息子達に ヨーロッパ向けに製造した服をプレゼントしてくれるためであることが、後になって分かりました。

旅行鞄には荷物を入れる余裕がないのに、沢山の衣類をくださり 持って帰るのに大変な思いをしました。

トルコのイスタンブールからの帰国はヨーロッパ経由でしたので、乗り継ぎの関係で ローマ一泊を選びました。

仕事も無事全部済ませて余裕もあったので、ローマ行きの飛行機の中でローマの見所をチェックする事が出来、明るい内に スペイン広場、トレビの泉、コロッセオなどを見て回り、夜は カンツオーネの聴けるレストランで食事する 観光バスのコースで短いローマ滞在を楽しみました。

ローマは、奈良のように 歩いて回れるくらいの比較的狭いところに沢山の見所があるステキな街で感動しました。

と、この出張は イスタンブールとローマを徒歩で観光する旅となりました。 こんな観光はツアーでは味わえませんね。

でも、イスタンブールの徒歩観光とお土産の荷物には大変な思いをしました。

スポンサーサイト

  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • 12:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ハードに使える強い鞄
旅行に持ってくカバンは何でも良いと思うのですが、私は前から吉田カバンのポーターのカバンを使っています。とにかく丈夫で、作りが丁寧。そしてそれほど高くない。かなりハードに使っているけど壊れることもほとんどありません。おすすめです。一泊程...
  • リアルスタイル
  • 2006/11/07 11:43 AM
search this site.
categories
selected entries
archives
recent trackback
profile
sponsored links
mobile
qrcode
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM


 ディック de Cashing / レイク de Cashing / プロミス de Cashing / ワールド de Cashing / インター de Cashing / アットローン de Cashing
 モビット de Cashing / アコム de Cashing / 武富士 de Cashing / ユアーズ de Cashing / クレディア de Cashing / DCキャッシュワン de Cashing